MVNO:格安SIMのSo-netからワイモバイルへ移転(MNP)をしてみた!

シェアする

キャリアから格安SIMに移転してから約2年が経ちました。

MVNO:So-netの格安SIMとXperiaJ1を手に入れるまで~MNPから申し込み編~
iPhoneが水没し完全に壊れしまった。 AppleCare+に入っていないので、修理するには実費。 かといて機種変するもキャリア自体の料金...

私が契約したのはSo-netのPLAY SIMでした。1日140MBというプランでしたが、規制にかかった!140MBじゃ足りたい!とは感じませんでした。しかし、一番のネックは速度でした。購入当初はお昼の12時〜1時、夜の18時〜20時になるとネットに繋がらないとか普通でした。現在はそのようなことはなくなりましたが、それでも都会だと遅くなりますね。

そんなこともあり、そろそろSo-netから別の業者に移転しようと決意しました。そこで移転先候補に挙げたのはUQmobileとワイモバイルです。

最初はUQmobileにしようと決めていたのですが、私が使用するVAIO Phone Aはau系SIMが利用できません。なのでUQmobileは断念しました。

私の場合、電話は毎日するわけでもないので、通話料0円という月もあります。しかし時には通話料1,200円とかになってしまいます。もしかしたら電話増えるかもという懸念もあったのでワイモバイルの1回10分以内なら通話回数無制限で0円は魅力的でした。また、ワイモバイルの回線速度・安定度は好評だったのでワイモバイルに決めました。

MNPの予約番号を取得しよう

ワイモバイルへMNPするには現在利用中のSo-netからMNP予約番号を取得する必要があります。まずは、So-netの管理画面から解約の手続きを行います。 

管理画面から「解約お手続き」ボタンをクリックします。

解約のお手続きに関するご注意事項を読み、問題無ければ「すべての注意事項を確認しました。」にチェックを入れ、「MNP転出による解約」ボタンをクリックしてください。

MNP転出のお手続きに関するご確認事項を読み、問題なければ「すべてのご注意事項を確認しました。」にチェックを入れ、「解約の申込を完了する」ボタンをクリックしてください。

これで解約およびMNP予約番号の取得申請が完了しました。

申請が完了すると管理画面の表示が「MNP予約番号発番待ち」となります。

申請してから1日〜2日程度でメールにてMNP予約番号が送られてきます。MNPには有効期限があるので、メールまたは管理画面に表示されているMNP有効期限までに転出を終えましょう。

ワイモバイルに申し込む

MNP予約番号の取得出来たら、転入先で申し込みを行います。ワイモバイルのSIM申し込みはオンラインストアから行います。

契約方法は「のりかえ(MNP)」を選択し、製品は「SIMカード」をクリックしてください。

音声USIMカード購入画面が表示されます。必要に応じて各項目にチェックを付けてください。VAIO Phone Aの場合はSIMカードのサイズは「micro」となります。サイズは間違えないよう調べてから申し込みましょう。

契約方法は「のりかえ(MNP)・番号移行」を選択、現在お使いの端末・プランは「ドコモ・au・MVNO」を選択してください。

料金プランはお好みですが、私の場合はそこまでデータ通信を使用しないので「スマプランS」を選択しました。

その他オプション等は基本必要ないかと思いますが、ご自身の状況に応じてお申し込みください。問題がなければ「ご購入手続きへ」ボタンをクリックしてください。

すると、お申込前に、以下をご準備ください。という画面が表示されますので、必ずご準備ください。準備ができたら「お手続きへ進む」ボタンをクリックしてください。

ここでYahoo!JAPAN IDを持っている方はYahoo!JAPAN IDでログインするとIDの情報を基に自動入力してくれます。Yahoo!JAPAN IDを利用する方は「Yahoo!JAPAN IDでログイン」を、Yahoo!JAPAN IDを使わない、持っていないかたは「ログインせずにお申込み」ボタンをクリックしてください。

お客さま情報入力画面が表示されます。本人確認書類アップロードを行いますので、書類種別を選択し、ファイルをアップロードしてください。例えば、書類種別を「自動車運転免許証」にしたら免許証の画像ファイルをアップロードします。

次にのりかえ(MNP・番号移行)情報を入力します。So-netから取得したMNP予約番号を入力してください。MNP予約番号の次にのりかえる電話番号を入力してください。最後にMNP予約番号の有効期限を選択してください。

あとは、ご契約者情報・ネットワーク暗証番号の設定・お支払情報の入力をして「入力内容確認へ」ボタンをクリックしてください。「必須」と書かれた項目は必ず入力しましょう。入力内容確認画面が表示されますので間違いがないか確認してください。

入力内容確認が完了すると、重要説明事項が表示されます。のりかえ(MNP)・番号以降に関するご注意、サービスについての重要説明事項を確認し「上記の内容に同意する」にチェックを付けてください。ご契約書類の確認で「My Y!mobileのみの閲覧を希望する」または「My Y!mobileでの閲覧、郵送に寄る書面受け取りを希望する」のどちらかにチェックを付けてください。そうしたら「お申込み」ボタンをクリックしてください。

ご契約の同意画面が表示されますので「同意して申込みを完了する」ボタンをクリックしてください。

お申込み完了画面が表示されます。WEB受付番号が表示されますので保管しておきましょう。

内容の不備が無ければ、申し込みの翌営業日にはSIMが出荷されます。翌日〜3日後にはSIMが届きます。

新しいワイモバイルのSIMを本体にセットしよう

申し込みしてから約3日後にワイモバイルからSIMが届きました。

カードからSIMを取り外します。次にスマホ本体から古いSIMを取り出します。VAIO Phone Aの場合はピンを使って取り出します。

取り出したら古いSIMカードを外します。外した箇所にワイモバイルSIMカードをセットします。

あとは本体に戻すだけです。

SIMカードが刺さっていない時は緊急通報のみとなっていますが、ワイモバイルのSIMカードを挿すと「Y!mobile」に変わります。本体側でAPNの設定しなくても良いのが良いですね。4Gの電波もしっかりキャッチしています。

しばらくするとSMSメッセージで「一度再起動しろ」と言われますので、スマホ本体を再起動しましょう。

再起動後、設定のSIMカードを見て、Y!mobileと自分の電話番号が表示されているか確認してください。表示されていればMNPは完了です!お疲れ様でした!

速度チェック

さて、噂の速度ですが早速計測してみました。

まずは19時台の静岡市清水区海岸沿いで計測。どうやら4G+は来ていないみたいなので、4Gで計測。脅威の40Mbps。So-netと比べると約20倍〜40倍の速度が出ています。

別の日、お昼12時30分に計測。同じく静岡市清水区の複合施設にて。人が多く混み合っている時間帯です。4G+で計測。脅威の63Mbps。

総評

ワイモバイルにして正解だったと確信。ワイモバイルにしてから電話も増えました。しかし、10分間は0円なので助かっています。また、2年間はデータ通信量2倍なので使いすぎても大丈夫という安心感はあります。月料金は2,200円ですが、2年目からは3,300円になってしまうのがネックです。それでも回線の速度・安定度は素晴らしいです。3年目からはコストパフォマンスがガタ落ちするので、2年で他のMVNO業者に移転は必須ですね。通話もしたいけど、月額料金を抑えたい。という方はワイモバイルオススメです。また、Yahoo!のサービスを利用している人は大変メリットがあります。(ヤフオク!やヤフーショッピング、Yahoo!カード等)格安SIMを検討している方、MNPを検討している方はワイモバイルも候補に入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク