なんだかんだで落ち着くのは4社のレンタルサーバーだった。

シェアする

ホームページを作成するにあたり、必ず必要になるのはドメインとサーバーです。当事務所も追加のレンタルサーバーを現在検討している最中。色々と調べているのですが、なんだかんだ落ち着くのが4社のレンタルサーバーでした。ただし、専用サーバーになると話は別ですが。

ということで、今回は「4社のレンタルサーバーの紹介」します。しかもちょっとデメリット多めで紹介します。

4社のレンタルサーバーとは?

さて、皆さんが気になっているのは「4社のレンタルサーバーはどこよ?」ってことだと思います。そのレンタルサーバーは以下の通り。

  1. さくらのレンタルサーバー
  2. エックスサーバー
  3. ヘテムル
  4. ロリポップ!

「あぁ、そこね」っていう声が聞こえる程、色々名前が出てくるレンタルサーバーです。企業用として使う人もいると思いますが、今回は「個人〜自営業」向けということで進めていきます。

料金・機能の比較

ロリポップ!は「ライトプラン」、さくらのレンタルサーバーは「スタンダードプラン」、エックスサーバーは「X10」を選択した場合で比較しています。※Wordpressでホームページを運用するというイメージで見て頂ければ。

 ロリポップ!さくらのレンタルサーバーエックスサーバーヘテムル
初期費用1,500円1,029円3,000円3,950円
月額料金300円515円1,000円1,500円
ディスク容量50GB100GB200GB256GB
転送量5GB /日80GB/日70GB/日60GB/日
共有SSL
独自SSL◯(有料)◯(有料)◯(有料)◯(有料)
独自ドメイン○(50個)○(20個)○(無制限)○(無制限)
サブドメイン○(300個)○(無制限)○(無制限)○(無制限)
MySQL○(1個)○(20個)○(50個)○(100個)
バックアップ△(300円/月)×△(5,400円〜/回)△(700円/月)
WAF×
FTPS×
スパムフィルタ
ウイルスチェック

メリット・デメリット

ロリポップ!〜ライトプラン〜



ロリポップ!は全プラン料金が低価格になっているため、初心者や低コストで抑えたい人にオススメ。低価格だから機能も低いというわけではなく、価格の割には機能が充実している方。本当に「初めてホームページを作る」という個人に向いていると思います。また、初心者に最適なマニュアルが沢山あり勉強になると思います。

しかし、最初はいいがある程度PVを伸ばしてくると一気に不満が出てくる。また、Wordpressで新しいホームページを作ろうと思っても作ることが出来ないのが欠点。更スタンダートプランに変更する必要がある。また転送量も5GB/日と少々不安が残る。
また、SSH(シェルログイン)が使えない、PHP(モジュール版)が使えないのとプラスαの機能が無いのが残念。

私も一時期使わせてもらいましたが、まず「コントロールパネルが使いにくい」です。表示も早いかどうかと言われたら、そこまで早くないという印象でした。個人事業主や法人はロリポップ!は避けたほうがいいかもしれませんね。

さくらのレンタルサーバー〜スタンダードプラン〜



こちらも低価格なのに機能が恐ろしく充実しています。「ロリポップ!じゃあ不安」という人はこちらになるのではないでしょうか?転送量も一気に80GB/日となり安心感半端ないです。

ただ、これもロリポップ!以上に「コントロールパネルがわかりにくい」不安感半端ないです。またデータバックアップされないので間違えて消してしまったという場合復元することは出来ませんので、自分でバックアップを取るしかありません。※データセンターでデータバックアップを行っていますが、このデータバックアップはユーザーが間違えて消してしまった際の復元等には一切使われません。

さくらのレンタルサーバーで独自ドメインを取得しないほうが良いです。独自ドメイン料高すぎます。その他にも他のプランに変更することが出来ないので、申し込む際は「これで良いのか?」とよく考えて申し込みましょう。

エックスサーバー〜X10〜



個人事業主や法人でこちらを利用している方は多いと思います。私も一時期使用していました。なんと言っても安定した回線。他のレンタルサーバーより確実に安定しています。なんといってもメールサポートが素晴らしい。至れり尽くせりのレンタルサーバーです。

しかしながら、私が今契約しない、契約できない理由があります。
それはWEB機能に関するセキュリティが弱いということ。WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)に対応していないんです。一応「WordPress国外IPアクセス制限」がありますが、WordPress以外では意味を成しません。またFTPの暗号化も出ないため、いろいろな面で不安要素があります。自身でしっかり対策ができていれば問題ないですが、それが出来ない人、WAF必須!という人はWAFが付いたレンタルサーバーをオススメします。

バックアップは月額でなく、バックアップが必要になった時に支払う方式です。なので、あまり費用を掛けたくない人には良い仕組みですね。ただ、間違えてWEBファイルとデータベースを消したになると、WEBファイル復元料とデータベース復元料で15000円くらい取られますのでご注意を。

ヘテムル



HYZStudioが利用しているレンタルサーバーです。「THE・無難」なレンタルサーバーです。料金は他のレンタルサーバーより高いですが、12ヶ月払いにすると月額換算1,000円になります。機能的にも・セキュリティ面も大変安心なレンタルサーバーです。コントロールパネルもすっきりして操作しやすいです。

しかし、ここ最近障害が多いです。データベースサーバー交換したせいなのか解りませんが、1日何も障害がなければ「お、障害が起きなかったんだ」と思うくらい。毎日なにかしら障害が出てます。また、エックスサーバーと比較すると、Wordpressで作成したホームページの表示は圧倒的にエックスサーバーの方が早いです。

さいごに

レンタルサーバーのプランは数百種類あり、料金も100円〜数十万円と幅が広く迷ってしまいますが、自分の作るホームページがどんな機能なのかをよく理解してからレンタルサーバーを選ぶと良いかもしれません。特に今の時代セキュリティが大事ですので、セキュリティがしっかりしたレンタルサーバーを選びましょう。特に私はこの4社をオススメします。

スポンサーリンク