今さら聞けないsiriの使い方と、どうでもいい裏ワザ

シェアする

iPhone利用者の皆さん。siri使ってますか?おそらく1ヶ月に1回使うか・・・いや、1年に1回かも知れない。そこで、今回はseriの・・・いや、siri様の意外な裏ワザ・使い方を見てみましょう。

siriを使えるようにする

siriを使うにはまず、「設定」→「一般」→「siri」→「siriをオン」で使用することができます。siriを使うときはホームボタンを長押しでsiriが使えるようになります。

siriを使えるようにする

「ヘイ、シリ!」でsiriを使う

「ヘイ、シリ」と叫べばsiriが反応してくれる機能があります。使用するには「設定」→「一般」→「siri」→「”Hey siri”を許可をオン」で使用することができます。ただし、この機能を使うには電源に接続(充電中)している必要があります。故に電源接続以外では使えないという事です。

siriを女性や男性にする

あなたが男性なら女性の声に、あなたが女性なら男性にしてみませんか?設定はすごく簡単。「設定」→「一般」→「siri」→「声の性別」→「好きな異性を選択」でOKです。

使用者(あなたの名前)の呼び方を変えてもらう

例えば、iPhoneの使用者が田村賢太だとします。
1.siriを起動する。
2.「私の事を○○と呼んで」と話す。
3.「これからは○○と呼びますがよろしいですか?」と聞かれるので「はい」と答えてください。
4.「分かりました、これからは○○とお呼びします。」と言われれば完了。
これをやると色々と設定が変わりますのでご注意ください。
例えばメールの受信した時、宛先が変わっている等。

アプリを起動させる

siriを起動すればアプリを起動できます。
「音楽を再生」で曲をランダムで再生します。
「家に帰る」で自宅までの経路を案内してくれます。
「3分後にアラーム」で3分後にアラームをセットしてくれます。
「Bluetoothをオン」でBluetoothをオンにしてくれます。逆も然り。
「○○(電話帳に登録した友達の名前)に電話」で電話をかけれます。

siriでミュージック再生 siriでマップ使用
siriでアプリの操作 siriで設定の操作

ロック中にsiriを使えないようにする

実はこのsiriロック中にもsiriが使えてしまいます。ということは、誰でも使えるということ。ということは・・・
第三者がiPhone内の情報を抜き出せるということです。これは相当危ないので、ロック中siriを使えないようにしましょう。
「設定」→「TouchIDとパスワード」→「パスワード入力」→ロック中にアクセスを許可にある「siriをオフ」で使えないようにできます。

ロック中にsiriを使えないようにする

さて、ここからはsiriに色々とお願いしてみましょう。簡単に言うと使えない裏ワザです。

妖怪ウォッチ

実はsiriは流行りに敏感だったりします。「妖怪メダルセットオン!」と話すと・・・
注:1発で成功するとは限りません。

昔話

実はsiriは長話をします。しかもその話のオチが。。。
「お話をして」と話す。(怖い話をして・未来の話をしてとかでもOK)色々と駄々をこねるので、ひたすら「怖い話をして」「お願い怖い話をして」と話し続けると「わかりました・・・ 昔々、遥か彼方の・・・」と話が始まれば成功。
注:1発で成功するとは限りません。10回以上かかるかもしれません。

ELIZA?

話の中に「ELIZA」という人物が出てきます。「ELIZA」について聞いてみましょう。
注:1発で成功するとは限りません。10回以上かかるかもしれません。

0÷0=クッキーモンスター

0÷0は計算できません。なぜ計算出来ないか説明してくれます。「0÷0=(ゼロわるゼロは?」と話すと・・・

静かにする

siriに「うるさい」「静かにして」と話すと静かになります。

早口言葉

siriに「生麦生米生卵」と話してみましょう。

どうでしたか?
おそらく久々にsiriを使った。初めて10分以上使ったという人いるんじゃないですか?
色々とsiriに聞いてみましょう。意外な返事が返ってくるかも?!

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。