SIMカッターを使ってmicroSIMからnanoSIMにカットして正常動作するか試してみた!

シェアする

こんな事ありませんか?

格安スマホを買って、いざSIM装着!っという時、「あれ?SIMのサイズが違う・・・」

現在使っているmicroSIMをSIMフリースマホに使いたいけど、nanoSIMにしか対応していない。SIMサイズ変更にお金掛かるし・・・

など、出費を抑えて直ぐに対処できる方法はないだろうかと思っている方!そんな時はコレ!

SIMカッター

このSIMカッターはデュアルSIMカッターとなっており2通りのカットができます。SIMカッター本体裏側を見て解るように、通常のSIM→microSIMにカット、microSIM→nanoSIMにカットができます。

これによりSIMサイズ変更手数料3,000円が節約できるとともに、SIMが届くのを待たず、直ぐに利用できるようになります。※SIMを返却する場合、SIMカットをしていると破損となり、損害金3,000円請求される場合がございます。詳しくはご契約のSIM会社にてお調べください。

ただ、注意していただきたいのは100%成功するという訳ではありません。カットの失敗等でSIMが使えなくなりゴミ箱行きとなります。相当不器用でなければほぼ成功すると思います。

SIMカッターを購入しよう

今日中に欲しいという方は、パソコン専門店等でSIMカッターを販売しています。在庫があるかどうか電話してから購入しましょう。1日〜2日ほど待っても良いなら、Amazonで多数のSIMカッターが安く販売していますので、価格やデザイン・評価等を見てお選びください。

カットしてみよう!

今回はmicroSIMをnanoSIMにカットしたいと思います。まずカットしたいmicroSIMを用意します。

microSIMをSIMカッター本体裏面のmicroSIMセット用のスロットに入れます。表示がないSIMカッターもあるので、形が大きい方がmicroSIMにカットするスロット、形が小さい方がnanoSIMにカットするスロットだと覚えておきましょう。

セットする時に注意したいのは、カット部分がズレないように真っ直ぐ・正確にセットしてください。また、セットする方向にも注意しましょう。SIMカードはかならず角1箇所欠けている部分があるので、それを目印にセットしましょう。

セットが完了したら躊躇せず、一気にカットします。ホッチキスやパンチと同じ要領ですが、結構力が入ります。少しずつ少しずつではなく、一気に力強くカットしましょう。そうすると、nanoSIMサイズにカットされたSIMがポロッと出てきます。

microSIMからnanoSIMに綺麗にカットされました。カットした周りの枠は捨てて構いません。

最後にヤスリ(爪やすりでも大丈夫です)で、カット部分のギザギザを軽く整えましょう。※この時、金色の部分を削らないように気を付けてください。

あとはnanoSIMを本体にセットすればOK!

SIM会社の名前または電波受信出来ていれば成功です。

総評

SIMカッターは「SIM交換に時間を掛けたくない!」「SIM交換にお金を掛けたくない!」という方にはピッタリの商品だと思います。SIM交換は1週間〜2週間かかりますし、手数料3,000円も掛かるので馬鹿らしいですよね。でしたらSIMカッターで希望のサイズにカットしたほうが良いですよね。また、大体のSIMカッターにはSIMアダプターが付いています。このSIMアダプターを使えば一度nanoSIMにしてしまっても、microSIM用のSIMアダプターにnanoSIMをセットすれば、microSIMとして使用できますので、こちらも困ったら是非使ってみてください。皆さんもSIMのサイズに困ったら是非お試しください!

スポンサーリンク