Mac専用のデータ復旧ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac」を試してみた!

シェアする

今回はEaseUS様よりデータ復旧ソフトをご提供していただきましたので、紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard for Macとは?

簡単に言うとMac専用のデータ復旧ソフトです。このソフトを使うことにより「Mac本体にあるデータ」はもちろんのこと、カメラ、デジタル機器、SDカード、外付HDDなどの記録媒体のデータを復元することが出来ます。誤って削除やフォーマットしてしまっても、このソフトがあればデータを探し出して復元することができるのです。

フリー版とプロ版の機能比較

まずは比較表を御覧ください。

機能/シリーズ体験版(Free)有料版(Pro)
削除、フォーマットした、アクセスできないデータを復元○○
Time Machineバックアップから復元○○
削除、非表示、紛失したやRAWパーティションからファイルを復元○○
永久無料アップグレード×○
永久無料の技術サポート×○
復元可能データ量2GBまで制限なし
ライセンスの種類1台PCライセンス
価格0円8,900円

本ソフトにはフリー版とプロ版があります。フリー版は無料体験版とと言ったところでしょうか。機能制限等がありますが、簡単なデータ復元でしたらこちらでも十分です。各種サポート・アップグレード、復元データ量制限無しにしたいという方はプロ版になります。

動作環境

動作環境&ハードウェア要件と対応デバイスの種類

OSMac OS Sierra、Mac OS X 10.11 (El Capitan)、Mac OS X 10.10 (Yosemite)、10.9 (Mavericks)、10.8 (Mountain Lion)、10.7 (Lion)、10.6 (Snow Leopard)
ファイルシステムHFS+、HFS X、FAT (FAT16とFAT32)、exFAT、NTFS
CPU1GHz以上
ディスク空き容量32MB以上
対応デバイスの種類MacBookとデスクトップ、HDD、SSD、メモリーカード、USBメモリ、SDカード、外付けHDD、iPod、MP3/MP4 MicroSDカード、、CF/XD/MMCカード、デジカメ/ビデオカメラ、その他

対応ファイルの種類

ドキュメントDOC/DOCX、XLS/XLSX、PPT(PPT/PPTX)、PDF、CWK、HTML(HTM)、INDD、EPS、PAGES、KEY、NUMBERS、VSD、ODT、ODP、ODS、ODG、ODF、RTF、PLIST、TAX、MATなど
画像JPG/JPEG、TIFF/TIF、PNG、BMP、GIF、PSD、CRW、CR2、NEF、ORF、RAF、SR2、MRW、DCR、WMF、DNG、ERF、RAW、SWF、SVGDWG、NRW、ARW、RW2、KDC、3FR、MEF、PEF、SRW、X3F、DXF、FH11など
ビデオAVI、MOV、MP4、M4V、3GP、3G2、WMV、ASF、FLV、SWF、MPG(MPEG)、RM(RMVB)、MKV、MXFなど
オーディオAIF/AIFF、M4A、MP3、WAV、WMA、APE、MID/MIDI、OGG、AAC、RealAudio、VQFなど
その他メール、アーカイブ、EXE、SIT/SITX、FCPEVENT、dmgなど

実際に使ってみる!

実際にプロ版をインストールして使ってみます。

購入またはフリー版ダウンロードはこちらから:EaseUS Data Recovery Wizard for Mac

http://jp.easeus.com/mac-data-recovery-software/mac-drw-pro.html

起動後の画面はとてもシンプル。復元したいファイルの種類をチェックして「続ける」ボタンをクリックするだけ。今まで多数のデータ復元ソフトを使ってきましたが、ここまでシンプルで簡単な初期画面はあまりみかけませんでした。これなら初心者でも簡単に出来ますね。

ちなみに、ソフトが英語表記にしたい場合、日本語表記ではない場合は、ソフトのメニューから言語設定が行なえます。

次に進むとデータを復元したいファイルの場所(ドライブ)の選択画面になります。

Mac本体のドライブ、TimeMachine用の外付HDD、USBメモリー、そして意外だったのが過去に削除したiPhoneのバックアップファイルが選択できました。ちなみに、iPhoneのバックアップファイルから画像等をデータ復元出来ますので、削除してしまってもう手元にないという人はオススメです。

今回は、USBメモリー内のデータを復元したいので、上記画像でいうと「UUI」を選択(ダブルクリック)します。ちなみにUUIの中は空っぽにしています。

「UUI」を選択するとクイックスキャンが始まります。クイックスキャンだけあってすぐに終わります。
表示項目も「パス」「種類」「時間」から表示が選べます。データ復元したい種類がわかっていれば、種類のタブから探すと良いですし、ファイル名が解るなら検索するとも良いでしょう。

しかし、データ復元出来るファイル数が少なく、お目当てのファイルがありません。出て来るファイルは前回フォーマットした後のファイルのみでした。そんな時は「ディープスキャン」をします。時間はかかりますが、クイックスキャンより多くのファイルを探し出してくれます。

ディープスキャンをして30分、スキャンが終了しました。すごい量のファイルが出てきました。そしてお目当ての画像を無事発見!

復元をするには、復元したいファイルにチェックを入れます。チェックを入れたら上部にある「リカバリー」ボタンをクリックしてください。

すると、保存先を聞かれます。ここでは「ダウンロード」のフォルダを選択します。保存作を選択後「保存」ボタンをクリックしてください。すると「リカバリーが完了しました!」というウインドウが表示されます。これでデータ復元が完了です。

実際にダウンロードフォルダを見てみると、あら不思議!フォルダ階層も復元してくれています!お目当ての画像も無事見れています!

総評

実際にEaseUS Data Recovery Wizard for Macを使ってみましたが、なんといっても「簡単!安心!豊富!」という三拍子揃っていることです。とにかく簡単にデータを復元することが出来る。実はこれが一番大事です。迷いもなく、直感でお目当てのデータを復元は最高です。そして、他のソフトのように邪魔をしないのが良いですね。ソフトによっては変なソフトも一緒にダウンロードさせられます。このソフトにはそれがありません。さらに、復元できる媒体やファイル種類が豊富です。こんなにあるんだというくらい。フリー版でも良いのでインストールしておくと良いですね。余裕がある方や大きいデータ量を扱うかたはプロ版も良いですよ!

購入またはフリー版ダウンロードはこちらから:EaseUS Data Recovery Wizard for Mac

http://jp.easeus.com/mac-data-recovery-software/mac-drw-pro.html
スポンサーリンク