DELL New XPS13に搭載されているUSB3.1 Type-C用のHDMI変換アダプタを使う

シェアする

今回はDELL New XPS13に搭載されている「USB3.1 Type-C」に接続してHDMIに変換するアダプタを紹介したいと思います。QHD+をテレビに繋いで見たらどうなるか気になっていたのと、プレゼン用に欲しかったので。

USB3.1 Type-Cって?

USB3.1 Type-Cは簡単に説明すると2つのメリットが有ります。

USB3.0より約2倍の転送速度

USB2.0は480Mbpsの転送速度しか出ませんでしたが、USB3.0でなんと5GB!約10倍の転送速度を実現しました。これでも十分速いのですが、USB3.1はUSB2.0の約20倍!USB3.0の約2倍の転送速度を誇ります。

ウラ・オモテ関係なく接続できる

新規格のUSB(Type-C)コネクタ。これにより今までのUSB(Standard-A)コネクタで毎回挿す方向が違うという苦労が無くなります。

USB3.1 Type-C対応HDMI変換アダプタ

DELL純正品としてHDMIだけではなくVGA、LAN、USB3.0が搭載されているノートPC用端子拡張アダプタが発売されている。価格は1万円超えなうえにVGAは要らないので購入せず、HDMIのみの変換アダプタを買うことにした。

以下の2点がオススメだ。今回購入したのはELECOMの変換アダプタ。小さく、薄いため、持ち運びもとても簡単。

ELECOM 映像変換アダプタ(AD-CHDMIBK)

AD-CHDMIBK

開封してみたところ、小ささにも驚いたが、薄さにも驚いた。1.1cmくらいで、New XPS13用のバックについてるサイドポケットに普通に入る。ちなみにバッグはこちらを使用しています。

端子の拡大

HDMIのメスとUSB Type-Cのオスを拡大した。こう見るとUSB Type-C可愛い。。。

USB3.1 Type-Cのメス

New XPS13本体の左側にUSB3.1 Type-Cポートがあります。そこに今回購入した「ELECOM 映像変換アダプタ(AD-CHDMIBK)」を挿します。もちろん、ウラ・オモテ気にせず挿し込んでください。

挿し込んむ

次にHDMIケーブルを変換アダプタに挿して、HDMIケーブルをモニターに繋げましょう。

変換アダプタにHDMIを挿す

無事映りました!

ミラーリング

モニター側の解像度に合わせている状態のため、ノートパソコン側が拡大されています。拡大率を変更すれば、大きくできますし、小さくすることも出来ます。QHD+の実際のサイズで見てみましょう。

文字が小さい

流石に小さい・・・大画面感は出ていますが、タッチすることが困難。やはり拡大率200%~225%が調度良いですね。

次に、ファンクションキーの「F8」を押す事で、ディスプレイの設定ができます。通常は「複製」になっています。

F8

オプション

PC画面のみ

PC画面のみ

拡張

拡張

セカンドスクリーンのみ

セカンドスクリーンのみ

最後に

ノートパソコンで打ち合わせ等を行う際はこの変換アダプタがあると大変便利です。あとは、テレビに繋げてhuluを見たりも出来ます。小型ですし持ち運びが楽です。買って後悔しない商品だと思います。

New XPS13に関する記事

DELL New XPS13に搭載しているUSB3.0 PowerShareを使えるようにする方法

DELL New XPS13を購入!こんなノートパソコンを待っていた!

スポンサーリンク