SONYのブルーレイレコーダー「BDZ-EW520」が優秀すぎる

シェアする

一家に一台は必ずあるだろうブルーレイレコーダー。今回はソニーのブルーレイレコーダー「BDZ-EW520」をご紹介します。

このBDZ-EW520は安いながらも高機能なブルーレイレコーダーです。2番組同時録画はもちろん、外付けHDDに対応し、無線LAN内蔵です。これくらいならどのブルーレイレコーダーでも低価格で対応していますが、この機器の目玉と言えば「スマホ・タブレットで、どこでもテレビが楽しめる」ということです。

スマトでどこでも視聴可能「TV SideView」

この「BDZ-EW520」とアプリの「TV SideView」を使えば、外出先からでも視聴の予約だけではなく、ブルーレイレコーダーで録画した番組を削除することができます。

それだけではありません。有料のプラグインを入れることで家でも家の外からでも録画した番組を視聴することができます。(※外出先の場合はCS・BSは見れません)さらには録画した番組を無線を使って携帯端末へ転送してくれる便利な機能もついています。

アプリのダウンロードはこちらから↓


外出先などでも視聴出来るようにするには以下のアプリ(プラグイン)が有料で必要となります。


※Apple製品の場合は、TV SideViewアプリ内で購入可能です。

この「TV SideView」を利用するには「BDZ-EW520」で設定が必要となります。
通信設定のネットワーク設定より接続を行ってください。ちなみに有線LANで接続すると上手く作動しないので、無線LANでのネットワーク接続をオススメします。

【注意点】

  • BDZ-EW520とTV SideViewをインストールした機器は、「同じネットワーク環境内(同じSSID)でないと使えません」ので、必ず同じSSIDにしましょう。
  • BDZ-EW520の設定→ホームサーバー設定のサーバー機能を「入」および、外出先視聴を「許可する」にしないと動作しません。

各種登録方法は以下のURLを御覧ください。
http://contents.sony.jp/bd/pdf/TVSideView_setting_guide.pdf

実際に使ってみた

BDZ-EW520とTV SideViewの接続設定は、先のどの注意点を守れば、すんなりと完了します。インストールした機器はXperia J1 Compact。

TV SideView

立ち上げると、人気の番組、現在放送中の番組等が表示されます。「あ、忘れてた!」というのを防げる感じで良いですね!

右上のリモコンアイコンをタップすると、BDZ-EW520との通信が始まり、リモコンが使えるようになります。

リモコン

※このリモコンは外出では使えません。同じSSID内のみで利用できます。

次にチャンネル登録です。番組表で表示するチャンネルを登録できます。地デジ・BS・CSそれぞれ選択して登録することが出来ます。

チャンネル登録。地デジ・BS・CSが可能

番組表です。ブルーレイレコーダーの番組表より操作しやすくて良いですね。番組表みるならこの方がスムーズで良いかも。

Screenshot_2015-11-08-22-28-47

気になる・見たい番組をタップすると詳細が表示されます。

「モバイル視聴」をタップすると放送中の番組を見ることが出来ます。ちなみに視聴中にスクリーンショットを撮ろうとしてもコンテンツ保護されているため撮れません。
自宅や自宅外でWi-FiならHD程度の綺麗な画質で視聴することができます。LTEの場合、多少劣化しますが、ワンセグより十分綺麗です。しかも、遅延などなく、スムーズに視聴できるので、ストレスが全くありません。感動の一言です。

ウォーキング・デッド

右下の予約アイコンをタップすると予約画面が表示されます。

ワンタッチ転送を「する」にすると、録画終了後、携帯機器に番組を転送してくれます。

Screenshot_2015-11-08-22-29-02

最後に・・・

私は今までのブルーレイレコーダーはすべてソニー製です。これで3代目となります。当たり前ですが、3代目が最高に出来が良いです。何と言っても携帯端末から視聴出来るってのが凄い。これが3万円台で購入できるとは、驚きです。

HYZstudioではパソコンやスマホだけではなく、こういったネットワーク対応の家電製品の設定等もサポートいたしますので、ぜひご相談くださいね!

スポンサーリンク