Time Machineのバックアップ先をUSBメモリーにしてみる

シェアする

MacBook Airを購入してSSDの快適さを実感。

さて、今回はそのMacBook Airのバックアップについてのお話です。

Macを利用している人ならご存知の「Time Machine」MacBook AirでもTime Machineを使って日々バックアップを行いたいと思っています。

しかしながら、MacBook Airは据え置きじゃなく、持ち運び前提で買いました。都度外付HDDに繋いでバックアップとか論外。バスパワータイプだろうが、外付HDDを持ち運ぶのは論外!

「じゃあどうするか?」と考える前からUSBメモリーを使おうと決まってました。

そもそもTime Machineは外付けHDDだけではなく、USBメモリー、SDカード、NAS、クラウドでもOKです。その中でも安価で高速なUSBメモリーを使うことにします。これなら持ち運ぶのにも苦労しないですし、いつでもどこでもTime Machineが使えます。

USB3.0 USBメモリーを買う

肝心のUSBメモリーですが、本体と同等の容量か、それ以上の容量を選びましょう。
例えば、SSDの容量が128GBなら128GBのUSBメモリーか256GBのUSBメモリーを買いましょう。また、音楽や写真等をバックアップしないなら128GBでも構いませんし、64GBでも問題ないと思います。(※但し、容量が少ないと古いバックアップを消していくため、バックアップ出来る量が少なくなります)

Time Machineを設定する前に・・・

まず、今回ご紹介するMacBook Air(Early 2015)のOSは「OSX EL Captian(10.11)」となります。EL Captian以前のOSの場合、表示が一部異なる場合がございますのでご了承ください。

MacBook Airの環境

また、Parallelsを利用している方は以下の記事も参照してください。
Mac標準のTime Machineを使ってバックアップする方法とParallels対策

※今回ご紹介する記事では32GBのUSBメモリーでTime Machineを使用します。

USBメモリー

Time MachineでUSBメモリーをバックアップ先として設定する

「アプリケーション」→「Time Machine」を選択

アプリケーションからTime Machineを選択

Time Machineを起動すると「Time Machineバックアップの場所が選択されていません。」と警告が表示されます。そうしたら「Time Machineを設定」ボタンを押してください。

Time Machineを設定ボタンを押す

Time Machineの設定画面が表示されます。「バックアップディスクを選択」ボタンを押してください。

バックアップディスクを選択ボタンを押す

バックアップを利用できるディスクが表示されるので、USBメモリーを選択し「ディスクを使用」ボタンを押してください。

対象のUSBメモリーを選択し、ディスクを使用ボタンを押す

今回は既にデータ等の保存用してUSBメモリーを使っていたので消去するか警告が出ました。また、フォーマットがMac専用形式になっていない場合も同じ警告が出るかもしれませんので、Mac専用形式にフォーマットしましょう。

データ消去の警告が出るので消去する

データ消去中

初期の設定ではバックアップ先のUSBメモリー以外のデータをバックアップする状態になっています。必要のないファイルやフォルダを除外してなるべく容量を減らす必要があります。(※全てバックアップしたい人は初期設定のままで結構です)

Time Machineの設定画面の「オプション」ボタンを押してください。

Time Machine設定画面のオプションボタンを押す

バックアップ対象から除外する項目の画面が表示されます。デフォルトではバックアップ保存先のみ除外されています。「+」ボタンを押して除外したいフォルダを追加することが出来ます。

「+」で除外したいフォルダを追加

今回はDropboxのフォルダ、ダウンロードフォルダ、AdobeCCファイルのフォルダ、デスクトップ等を除外しました。

除外フォルダを追加した

これでTime Machineの設定完了です。
初回バックアップは容量によりますが、時間が掛かります。

初回バックアップ時間計算中

今回は1時間程度掛かりました。

約1時間位

これで一安心ですね。選ぶUSBメモリーによりますが、薄いUSBメモリーにすれば常に挿しっぱなしでも邪魔にならないのでオススメです。

スポンサーリンク