RioRandのUSB接続LEDテープライトをテレビ照明にしてみたら結構良い感じになった!

シェアする

さて、今回はテレビ用間接照明としても使えるLEDテープを紹介します。

最初はスポットライトのような電球にしようと思っていたのですが、意外と値が張る。。。
そんな中、電力も少なく、値段も半値くらいのLEDテープが目に入り「これで良いんじゃないか」と思い購入しました。

RioRand LEDテープライト

スペック

【外形寸法(テープライト)】
幅:約10mm
厚み:約3mm
テープライト長:50cm×2本
ケーブル長:約7.5cm(短)
ケーブル長:約1m95cm(長)

【外形寸法(コントロールユニット)】
縦:4.8cm
横:3.4cm
高さ:2.2cm

【製品仕様(LEDテープライト)】
LED:5050 SMD 3チップ
本体色:黒ベース
発光色:RGB(フルカラー)
入力電圧:DC5V-24V
LED数:15LED×2本(約3.3cmごとにカット可能)

そして、このLEDテープの良いところは、5つ!
  1. 好きな長さにハサミで切れる!
  2. USB接続だからコンセント要らず!
  3. 防水・防滴!
  4. リモコン付き!
  5. 多彩なカラー!

特に気に入ったのはUSB接続とリモコン付き。正直コンセントは面倒だし、何よりコンセントまでの線が目立つ。また通常は線の途中にON-OFFスイッチがありますが、これが面倒臭い!いちいち点けたり消したりとその場へ行かなければいけないのが嫌だ。それに比べてこの商品はリモコン。ボタン一つでON-OFFが出来るから移動せず楽ちん。

商品詳細

こちらが届いた商品。結構小さい箱に入っているので、ちょっとビックリ。

付属品は「LEDテープライト2本」「コントロールユニット」「説明書(英語)」「USBケーブル」「リモコン」となります。

説明書ですが、英語なので細かいことは期待しないほうが良いです。ただ、絵を見て判断すれば誰でも簡単にできます。

リモコンは多彩な色の変更が可能です。全部で16色。部屋の雰囲気に合わせた色を選べるって良いですね!ON-OFFボタンの横には調光ボタンとなります。ボタンを押した分だけ明るさを調整できます。カラーボタンの横はパターンモードです。一番から「フラッシュ」「ストロボ」「フェード」「スムース」となります。

LEDテープはよくある正面発光です。ちなみにLEDテープをカットするときは、写真にもある「金色の○」の中心部分(白いライン)を切ります。それ以外の所を切ると、壊れますのでご注意を!

裏には3Mの両面テープが貼られています。

コントロールユニットには2つの接続端子(メス)があります。ここにLEDの接続端子(オス)を挿します。

この時に指す方向を間違えると点きません。正しい方向はオスメスの端子部分にある矢印を合わせることです。

これで準備完了です。強く引っ張ると簡単に外れてしまいますので、取り付ける際は注意が必要です。

ちなみにコントロールユニットから伸びるもう一つの線はリモコンの受信機です。

USBケーブルをコントロールユニットに繋ぎます。

試しにモバイルバッテリーに繋いでみました。

動画

動画を撮ってみました。

取り付け

今回はテレビの裏に取り付けます。最近のテレビはUSB端子が付いているので便利ですね。しかし、今回のLEDテープにこんな注意点が有りました。こちらの商品に使用するUSB電源は2A以上の物をご利用下さい。1Aのものでも点灯しますが規定の明るさより暗く発光してしまいます。と。

テレビのUSB端子のアンペアを見ると・・・

500mA MAX! イエェェェェェ〜イ!!

・・・サンシャイン池崎風に言わせていただきました・・・。必要とされるアンペアの1/4しかないよ!正直ヤバいと思いましたが、実際に繋いでみるととりあえず点いた!確かに暗く感じますが、点いたからOKとします。皆さんも購入する前はTVに付いてるUSBのアンペアを確認しましょう。

さて、USBに繋ぎ、コントロールユニットを両面テープでテレビに取り付けます。線など余裕をもった場所にコントロールユニットを取り付けてください。

リモコンの受信機はチョロっと見えるよう、両面テープで側面に貼り付けました。

さて、肝心のLEDテープ貼り付けです。今回は上部と下部に取り付けます。

上部は出来れば壁方向ではなく、斜め上方向へ光らせます。

LEDテープ裏面の両面テープを剥がしてテレビに付けましょう。

今度は下部に・・・と思ったのですが、何度やってもLEDテーブが付かない。どうやらこのテレビ下部の素材が駄目みたい。なので、不本意ですが諦めて貼り付けられるところに無理やり貼り付けました。

点灯確認

さて実際に点灯してみます。色々と問題があったのですが、良い感じに点灯してくれるでしょうか。

まずは点灯前。

そして点灯!

お!意外と良い感じ!カメラで撮影したのですが、実際目で見るのとカメラでは全然違いますね・・・。実際に見たほうが良い感じの光です。

総評

今回は色々と問題が有りましたが、誰でも出来るアイテムに間違いありません。リーズナブルに照明を楽しむに持って来いですね。紹介したのはテレビの照明としてですが、USB接続なので、パソコンの照明として。車のフットランプとして。部屋の照明として。イベントでの照明として。と多種多少な使い方が出来ます。特にイベントでの簡単な照明に良いかもしれませんね!

スポンサーリンク